Japanese Cuisine
鮨処 銀座 福助本店
銀座
数寄屋橋の角にあった東芝ビルの地下に入っていた銀座福助本店。現在東芝ビルは解体され新しい

ビルが建設中だ。移転先は銀座2丁目のビルの10階。過去に東芝ビルの時は3度ほど行ったこと

があった。移転してからは今回が2回目。ここに紹介しようと思ったのも、訪れる度にはずれが無

く美味しいすしをいただけるからである。特筆すべきは、すしの命であるネタの新鮮さである。

そして、”安くもなく、高くもない―”といった庶民にはありがたい手頃な値段。それでありなが

ら、銀座の高級感といった品もあるお店。この味でしかも銀座で、数多くあるすし屋の中でもこの

様なお店はあまりないのではないか。創業が1960年の老舗だ。某グルメサイトには1961年から通っ

ているという方のコメントが寄せられていて、この方も”抜群のコストパフォーマンス”であると

賞賛されている。

少しでも味のおかしい物(古いネタ等)が出てくれば、もうそこには行くことは無いだろう。

客の舌は肥えていて敏感だ。足の速い青魚や貝類も抜群の鮮度のネタしか出さない。だから味も良

い。

酒の肴に、穴子の白焼き、貝ひもの串焼き、サザエの壷焼き、本日のお勧めのカツオにミル貝。

特にカツオ、美味かったね―。やはり”本日のお勧め”は注文すべきネタ。握りは、うに、こはだ、

白えび、生シラスetc.その他巻物など何品か注文し、適量の酒も飲んで二人で1万5千円から
1万

6千円で収まった。勿論食べる量にもよるが、お好みだと男同士なら2万超。男女なら二万未満で

収まるだろう。また行きたいお勧めのお店です。


東京都中央区銀座2-6-5 銀座トレシャス10F



↑Return to Japanese Cuisine ↑Return to TOKYO GURMET

CopyRight(C)2003-Future Club-Taxi Official