Club-Taxi.com Audio
Network Audio
 ネットワークオーディオに注目

 数ヶ月前、オーディオ店から送られてきた広告冊子にオーディオ評論家によるネットワークオーディオ

に関する記事が掲載されていた。以後、興味深いので暇な時にはネットで関連する記事を読んで情報収集

して勉強している。

 アナログレコードからCDに替わり、早いもので30年経つという。私も学生時代に買い込んだ大量のレ

コードを今でも大事に保存している。CDよりもレコードの方が良い音を出すことが分かってはいるが、便

利さゆえにCDで聴いているのが実状である。また、学生時代にアルバイトで購入したレコードプレイヤー

(DENON製 DP-3000)のアームが壊れたためここ数年レコードを鳴らしていないという理由もある。新た

なレコードプレイヤーを購入しようと物色していたが、ネットワークオーディオの存在が無視できなく

なった。ネットワークオーディオとは、PCを使用して音楽ファイルをネットからダウンロードしてLAN経

由でNAS(ネットワーク接続したファイルサーバー)などのHDDに保存してDAC(Digital Analog Converter)

というオーディオ機器でデジタル記録音声をアナログ信号に変換してオーディオスピーカーに出力するも

のだ。また、持っている音楽CDをPCでリッピングしてDACで同じようにアナログ変換してスピーカで鳴らす。

のメリットとしては、音楽CDのLPCM 16bit/ 44.1 kHzサンプリングというフォーマットのデジタル音声

最良の音で再生できるという。また、CDフォーマットを超える最高音質のハイサンプリング音楽ファイ

(24bit/192kHz ・96kHz原音並みの音質)を配信サイトからダウンロードして最高の音質で聴けるとい

ものだ。

 オーディオのCDデッキはモーターを回転させているため再生するデジタル情報を読み取る精度に難があ

るという。CDデッキの価格がピンからキリまであるのはこの精度のコストである。

 次世代のピュアオーディオとしてマスタリング音源がネットワークを通して聴けるというネットワーク

オーディオに期待は高まる。

LINN MAJIK DS-1  \472,500

ットワークプレーヤー+ プリメインアンプ
出力: 100W(4Ω)
Hivi誌でベストバイを受賞

LINN SEKRIT DS-I  \262,500

ネットワークプレーヤー+ プリメインアンプ
出力: 70W(4Ω)
コンパクトな筐体

ピュアオーディオを楽しんでいる方なら、イギリスの高級オーディオ機器メーカー「LINN]は

ご存知であろう。私にはまったく無縁のオーディオメーカーである。何せ数百万円もする機器ばか

りなのである。安価なものでも数十万円する。LINNはCDデッキの生産を止めてすべてネット

ワークプレイヤー「DS(デジタルストリーム)プレーヤー」の生産に切り替えたという。ひしめく

メーカー各社の中でもこのネットワークプレイヤーの分野では先駆を行く。そこには徹底したノイ

ズ対策など良い音を出すための技術がふんだんに盛り込まれている。

そのほか日本のヤマハNP-S2000 も評価が高くHivi誌でグランプリを受賞している。

YAMAHA NP-S2000   \208,500
RETURN TO TOP HOME

CopyRight(C)2003-Future Club-Taxi Official